in Japanese New Products

ここにも「復刻」。

広告

  先日,今年の新製品でかつての売れ筋商品の復活を取り上げましたが,ふと「復刻」を得意にしている会社があることを思い出しました。

ダイドードリンコは「復刻堂」というブランド名で,過去に発売された商品やなつかしい味の飲料をモチーフにした商品を多数展開しています。「ウルトラマン」や「仮面ライダー」を使った商品や,「三ツ矢サイダー」も販売しています。商品数が多いので,復刻堂のラインナップはこちらをクリックしてご確認下さい。

さてそんなダイドーですが,まるで“セルフ復刻堂”といえるような商品が発売されています。

2月8日発売の「ヨービック」,私が駆け出しだった1994年ごろに発売された時を覚えています。

当時はボトル缶(ボトル形状をした金属容器のことです)はまだ開発されておらず,透明なガラスびん入りでした。その当時の写真が残っていないのですが,集乳缶(酪農家が牛乳を輸送するなどで利用していた容器)のイメージを色濃く残したガラスデザインで,広口のキャップでぐびぐび飲めるガラスびんだったと記憶しています。

味はいわゆる「ヤクルト味」で,サントリー「ビックル」が似たような味の代表格です。今回の「ヨービック」もきっと同じ味でしょう(^_^)

価格は税込み120円,内容量は290g。当時を思い出してグビグビ・・・

最後にいつものとおり。

「おいしいか,おいしくないかは,アナタ次第です!」

Advertisements
広告